星野源が好き

正直嫌いな人はいないと思うけど(過激派) ガッキーが結婚したことより星野源が結婚したことの方がショックでした(過激派) 冗談はさておき、星野源が好きです。きっかけは僕の好きなお笑いコンビであるバナナマンのラジオに出演していたことから。バナナマンの日村さんの誕生日に毎回出演してオリジナルソングをプレゼントするという恒例行事があった。 この日村さんへのオリジナルソングは、今の名曲たちに生かされている。「SUN」も「Family song」も「Non stop」も日村さんへの曲が元になってできたものだ。もともと日村さんとドラマで共演したことから交流が始まったらしい。 星野源の好きなところは、まず顔。好き。特に好きなのはMIU404の星野源で、あのパーマがかかって冷たい目をしている星野源がたまらない。またあの作品の星野源は暗い過去を抱えているのでそこから くる色気が最高。 でも僕がもっとも好きなのは、星野源が書く歌詞だ。親しみやすく柔らかい曲調とはまた一線を画す。 例えば最新曲の「不思議」には、『この地獄』という言葉が出てくる。「地獄でなぜ悪い」はタイトル通り『地獄』、さらに『嘘でできた世界』。優しい曲とは裏腹に、どこか歌詞には悲しみが感じられる。かつて星野源はくも膜下出血で生死を彷徨った経験があるらしい。その経験もあるかもしれない。 星野源の歌詞には、この世界に対する諦念がある。この世界は苦しく、暗く、辛いものであると。しかしこの世界のそういう有様に対してただ嘆くのではなく、その世界の中で生きていこうぜ、という明るい諦念がある。この世界は変わらないけど、自分は変えられる。だからこその人間に対する優しさが、星野源からは溢れていると思う。 その優しさが星野源から溢れ出るあの雰囲気であり、曲であり、演技の味だと思う。ちなみにラジオは下ネタのオンパレードなので、星野源も男の子だなぁと微笑ましくなる。みんなラジオ聴こうぜ。
Like
30
6 comments