僕は学歴厨ですか?笑

慶應義塾大学
僕が学歴厨かどうかみなさんに判断してほしいです😂 個人的には違うと思っていますが、以下書く内容が一般に学歴厨なのであれば、ちゃんと認めます😇 まず大前提として、人の内面は学歴では表せません。そのため学歴が人の全てを評価するとは微塵も思っていません。ですが、人を判断するひとつの材料としては十分妥当です。 例えば、プロ野球選手に対して。一般に、正しい方向に努力のできる人である、ということは言えます。才能についてはよく分かりませんが、努力なしで辿り着ける場所ではないはずです。学歴も同様です。東大に行っていればしっかりと努力ができる人だというある種証明になるわけです。いくら小学生の時に勉強ができたからといって努力なしでは東大には入れないです。努力の証明であるということは、判断材料になるのは当然ではないでしょうか?努力して合格が確実視されていたのに時の運で不合格になる人もいます。でもそれはほんの一部であって、多くの人の不合格の原因は努力不足か努力の方向性の違いです。 〇〇大学だから優秀だとか無能だとかいうのは正しいとは限りません。でも明らかにその傾向はあるわけで、言い過ぎだとは思いますが頓珍漢だとは思いません。 このように学歴が判断基準のひとつとして妥当性がある以上、社会に出たら学歴は全く関係ないという意見には疑問を感じます。経験を重ね、他の形で自分を示せるようになるか、対話を通じて自分の人間性を評価してもらえない限り、学歴の評価はついてまわるからです。 (書いていて、対話することで自分の優秀さを伝えられたら学歴意味ないじゃんって納得してしまいました、笑。正確には意味あるの就活だけだ!って納得したということです。ここはないものとして評価していただきたいです😂ただ、ここに反論ある人は書いてほしいです🙇🏻) 以上 長くなりましたが、僕は学歴厨でしょうか?笑
Like
57
8 comments