駅弁紹介シリーズ① 横川駅「峠の釜めし」

1月23日 13:24
最近自身の旅行をきっかけに駅弁にはまりましたたびおです。 これから定期的に全国の駅弁ご紹介していきたいと思います!! 今回は横川駅、峠の釜めしについてご紹介します。 横川駅は群馬県にあり、信越本線の駅になります。 群馬県と長野県軽井沢の境界である碓氷峠の群馬川山麓にある駅が横川駅です。
imgur
横川駅は長野新幹線(現在の北陸新幹線)開業まで特急あさま号の途中停車駅として繁栄し、新幹線の開業とともに碓氷峠は封鎖され、駅も徐々に衰退していったとか。 そんな横川駅では1958年から萩野屋峠の釜めしを発売! 陶器に入れ発売することで保温性が向上し、一躍人気商品になったとか!
imgur
全国駅弁ランキングでも毎回入賞するほどの絶品です! 内容は 鶏肉・ささがき牛蒡・椎茸・筍・ウズラの卵・グリーンピース・紅しょうが・栗・杏。 杏と栗の甘露煮はとにかく絶品!椎茸のは自分自身苦手なんですが、この椎茸の煮物は絶品でとてもおいしくいただけました。 また、別途キュウリ漬け・ごぼう漬け・小ナス漬け・小梅漬け・わさび漬けが入ったものももらえます。 この駅弁は横川駅をはじめ現在では高崎駅、東京駅などのターミナル駅の他、全国各地の百貨店やスーパーで開催される駅弁フェアでもよく販売されます!! この陶器も食べたあとは食器として利用してもいいし、陶器を再利用して釜めしをたくこともできるのでうれしいですよね! みなさんもぜひ峠の釜めしを一度は召し上がってみてください!! 次回の投稿もお楽しみに!!
Like
71
8 comments
Post information