面白みは自分で見つけるべし

Anonymous
この前こういう投票がありましたが、自分には究極の選択に思えて…
面白くない単純作業の仕事はしたくないけど、面白くて好きなのに激務になってしまうのはかなりきつい… というより自分がまだ超面白い!これがやりたい!って思える業界とか仕事内容を見つけられてないのに、面白くない仕事はしたくないっていうプライドの高さが問題なんだと思います。😅 で、人生の先輩と言える30代の親戚に相談したら、 『面白みはね、自分で見つけるべし』 って教訓のように言われました。 結局興味のある仕事であっても単純作業は生まれるし、時間の無駄だと思う作業もある でもそこでいかに面白さと、成長できる箇所を見つけられるかにかかってる らしい。 ほんとに成長できねぇ!もう吸収しつくしたわ!って思ったら、すぐ違う仕事にきりかえればいいのよ~ って言いながらコーヒーを飲んでました。 なんてかっこいい先輩なんだ。。 かなり就活に距離を感じてたし、変に自分のプライドを固めすぎてたけど、 なんか扉がちょっと開けて風通しよくなった気がしました。 みなさんは一度はつまらないと思ったけど、考え方ひとつで変わったみたいなことありますか? グダグダな文章ですが、もし共感してくださる方がいたら❤押してもらえると、「あ…うれしい」ってなります!笑
Like
30
3 comments