失敗エピソードを隠しちゃう

Anonymous
就活と向き合ってて、どうしても成功エピソードを作り上げて、いいように伝えたくて、 失敗エピソードは隠す癖がついています。 失敗エピソードを聞かれる面接もあるとのことなので、今の自分は正直に失敗したことを語れないだろうなとおびえています。 なんで失敗したことなんかネガティブな一面なのに聞きたがるんだろうと思って、ちょと調べてみたいんですけど、 もっと深くて就活生の人間性を丸裸にする恐ろしい事実が判明しました。 面接官が失敗エピソードを聞く理由は、 ・学生が何を失敗と捉えるのか、価値観を知るため ・失敗した時の問題解決能力を見極めるため ・失敗を学びに変えることができる学生か判断するため なのだそう。 恐ろしい。。。 失敗は確かに学びに変わると思うけど、失敗した原因をつきつめると、結局中途半端な人なんだ~みたいなネガティブンな印象しかつかない気がします。 克服した方法とかをシェアすれば、そこでついたネガティブな印象って一掃されるのでしょうか? みなさんんはバイトとかサークル、インターンとかで失敗したことをさらけ出せますか?
Like
28
13 comments