就活って考え方だと思う

青山学院大学
あくまで主観だし、終わったから綺麗事言える部分があるとは理解してるから押し付けたい訳ではないけど、就活自体がかなり理不尽なゲームなのは事実だから病みやすいのは分かるし、経験もしたけど、結局は考え方だと思う。自分が頑張ってきた事が就活のためにやってきた事のように錯覚したり、自分は無価値なんじゃないかと思う事はあると思うけど、そうではなくて、自分が頑張ってきた結果が他者から評価されるレベルに達してたとか、自分の良さが理解できない人達だったんだなと思うと気が楽になった事が多かったからそこまで悲観的にならないでいいと思うんだー。 選考の場面でミスがあって後悔が残る事に関してはどうしようもないけど、ミスしない人間なんていないし、そのミスで成長出来ればいつか評価されると思うし、そこまで重く受け止める必要もないと思う。成果を出す為には精神的な健やかさは必須だと考えてるから、どうせなら楽しむのが楽だと思う。 一方で少し厳しい事を言うなら、今は就活しなくても生きていける世の中になりつつあるには事実とはいえ、基本的には就活はみんなが経験するもので、ここで頑張れるかどうかが向こう10何年かの生活を左右するなら頑張らないっていう選択肢はそもそも無いと思う。今頑張らないといつ頑張るのって思うし、就活から逃げて一時的にには楽でもどこかで皺寄せが来て後悔する事になると思うから、就活中こそ踏ん張るタイミングなんじゃ無いかなと思う。実際ある程度名のある大学に通ってる人は世の中一般よりも多少なり勉強してきたから今の環境がある訳だから、頑張れない訳じゃ無いと思うんだ。 だから重く受け止めすぎずに、楽しみながら就活という理不尽イベントを乗り越えて欲しいと思う 本当に苦しい場面もあると思うけど、やり切った後は清々しい部分も感じられてるから、25卒の皆さんには就活に自分が飲み込まれないように頑張って欲しいと思う。 24卒の学生より マジで応援してんで25卒📣 頑張ってや🔥
Like
42
2 comments