ChatGPTアカウントが10万以上盗まれた⁉️

一橋大学
この1年でインフォスティーラ(情報窃取型マルウェア)に10万を超えるChatGPTユーザーアカウントが盗まれたらしい
最も侵害された地域はアジア太平洋地域で、 特にインド、パキスタン、ブラジル、ベトナム、エジプト、米国、フランス、モロッコ、インドネシア、バングラデシュで多くの被害が確認されているとか ChatGPTの認証情報が漏洩した場合、業務の中でChatGPTに入力されたデータが脅威者に渡ってしまう可能性がある 個人情報・機密情報の入力はくれぐれも避けねば〜〜 パスワードの定期的な更新とか二要素認証を導入するのもおすすめらしい
sticker
Like
23
2 comments