QOLが上がる 取り入れてみるといい習慣

法政大学
1同じ本を何度も繰り返し読む  理解が難しい本や、自分の価値観で解釈が変わる本、好きな本は時期を見て何回も読むといいそう。  息詰まった時などに、一歩下がって落ち着くのを助けてくれる本を見つけておくとさらに良い。  いわゆるバイブル。 2自分自身とのアポを入れる  めっちゃいい言葉  予定がない時間=自分の時間 ではなく、  意識的に意図的に、自分とのアポを入れてしまうことが大事。  それも大事なスケジュールということですね。 3メールを見る時間を決めておく   就活をしている方は特に取り入れてほしい。  即レスはやめよ。   ついつい即レスをすべきだと思いがちだが、それが知らず知らずのうちに、自分の精神を削ることに、、  何がなんでも早く返さなきゃいけないものだけ通知設定をしておき、  それ以外のメールは見る時間帯を決めて、その時間に一気に返すことで  メールの通知に心が振り回されることがなくなる。 4習慣にないことをやってみる  矛盾しているような言い回しですね(笑)  毎日同じことを繰り返していると、生きるとは??となってくる。  気持ちの向くままに、一駅散歩してみるもよし、ダンス動画つけながらダンスしてみるもよし、  何か普段やらないことを取り入れていくと新たな発見や比較理解につながるかも。 5文字にする  日記をつけるのは言わずもがな。  そのほかにも、頭でぐるぐるモヤモヤ考えていることや悩んでいることを、  一回一回文字にしていくとすぐに考えがまとまるし、  「あ、これどうしよう、、結論出すこと覚えておかなきゃ」という焦りやストレスがなくなる。 ほかにもおすすめの習慣があったら教えてください!!
Like
26
8 comments