浪人時代に戻りたい

明治大学
思ったことそのまま描いたので、読みにくいかもしれませんが、今の気持ちをそのまま書いてみました。 目標に向かってひたむきに勉強してた浪人時代。 絶対第1志望に行くと決意してまいにち勉強してたあの頃。 崖っぷちでスリリングな毎日。来年はもうないと言われていたあの頃。 戻りたいかと聞かれたら、戻りたくはない。精神的に辛かったから。 でも、目標を達成しようと強く思って送った、あの充実した毎日に戻りたいとも感じる。 このアンビバレンスな気持ちは、きっと、今全力を尽くしてないから生まれてくるんだろう。きっと、甘ったれてるんだろう。 大学生という、浪人生とは比べられないほど安定した社会的身分を手に入れた今、全力を尽くす原動力はなにか。 また失敗したくない。また不合格になりたくない。ほんとに実力がないことを突きつけられたくない。そんな気持ちが、頑張りたいけど頑張れないという現状をつくってる。 賢くありたいけど、大学受験が上手くいかなかった。資格試験までも上手くいか無かったら、「実力不足」を思い知らされる。打ちのめされる。努力が報われなくて、とっても悲しい。 実力を証明したい。あいつすげーなって思われたい。自分を信頼してあげたい。 自分を強く信じる。その上で、疑う。自分はちゃんとできてるのか、フィードバック・自己評価をする。 3大難関資格なんだよな。信じられるかな、自分。自分を信じてあげようか。 あの頃みたいに、自分を信じよう。ダメでも、4年に再チャレンジできる。いま、チャンスがある。チャンスがある、大学受験以来のチャンス。 生活習慣整えよう。しっかり寝て、朝起きて、ルーティンつくって。 自分を信じよう。裏切んなよ。
Like
36
12 comments