1年休学するべきか

早稲田大学
現在3年生で欧州に1年間交換留学中です。夏休み頃に帰国して、秋学期から復学して4年間で卒業する予定だったのですが、休学するか迷っています。 主な理由は、もっと就活前に考えたり経験したりする時間が欲しいからです。夏のインターンに向けて、留学中ながらも早めに動き出したのですが、全然やりたいことがわからないしES提出やSPIを受けているうちに、なんで留学に来てまでこんなことやってるんだろう...と思ってしまいました。行きたいところや興味ある仕事があって、それに向かって動くのが本来の就職活動のはずなのに、周りに流されてただ焦ってるだけの自分に嫌気がさしました。留学中に出会った他の留学生や現地の友達は皆ギャップイヤーを取って好きなことをしていた経験があったり、勉強や就活に囚われずやりたいことを大事にしていてキラキラして見えます。焦って入った会社で就職後後悔するんだったら、1年と期限を決めて、その時間やりたいことを全力でやってみるのはどうかと思いました。 また、接客業ですがずっと働いてみたかった会社の長期インターンシップに合格したので夏から半年間はそこで週に4日以上は働くことになります。単位も落とせないので、授業とインターンと就職活動を3年の秋以降に行うのはやっぱり厳しいので、休学してちゃんと集中して働きたいというのも理由の一つです。 ただ、休学したからと言って将来やりたいことを見つけられるとは限らないし、だらけてしまうかもしれないし、不安はたくさんあります。今留学中だからこういうことを考えていて、実際日本に帰って学生生活に戻ってみたら普通の大学生のようになりたいと思うかもしれません。 こういう理由で休学することについて皆さんはどう思われますか?今は休学をすることに傾いていますが、もし実際に休学している方やしたことがある方がいらっしゃったら、現実はどんな感じなのか教えていただきたいです。ぜひ参考にさせてください。
Like
27
10 comments