Female
Anonymous

フェミニズムの真意

4月16日 16:59
フェミニスト:全ての性が平等な権利を持つべきだという理由から女性の権利を主張する行為(フェミニズム)を支持する人のこと って定義されてるけど、私の周りにはフェミニストってより、女性の権利ばっかり主張してる人が多くて つまり私が言いたいのは、男女の平等を主張するべきなのに、女性の方の権利が強い方が良いと主張してるように 見えて仕方ないのだ… この前見たのは、確かどこかの国の政治家のほとんどが女性で、確かに政治家に女性がいること自体に疑問はないが その記事を見てフェミニストの子が、「これが政治家のあるべき姿」的なことを言っていて、私的にはそれは違うんじゃないか と思ってしまった。 例えば日本の電車の中でも女性専用車両という一定の時間は女性しか乗れない車両が存在するけど、なぜ女性用車両はあるのに 男性用車両は存在しない?これが男女平等と言えるのだろうか… 海外はわかんないけど、日本にはフェミニズムの意味をきちんと理解せず、その権利を主張している人が 多いように思える。フェミニズム=男女の平等を訴える、もののはずが、私がよく見かけるのは フェミニズム=男性嫌悪のようなものに思える。 自分もまだ知識不足なところがあるためそこはきちんと勉強していきたい
66
10 Comment
Post information
Logo
There are 8 posts every day
10 comments
Male
上智大学
平等な権利って、専用車両があるっていう表面的な権利よりも、身の危険を感じたり、嫌な思いをしないで安心して電車に乗ることができる権利っていう当たり前の権利の平等の平等だと思います。
Female
一橋大学
確かに少しはき違えている人がいるとは思いますが、そういう人とも議論するのが大事だと思います。 例えば、 「 どこかの国の政治家のほとんどが女性で、確かに政治家に女性がいること自体に疑問はないが その記事を見てフェミニストの子が、「これが政治家のあるべき姿」的なことを言っていて 」 のご友人は現実認識が正しくないです。女性議員比率の最も高い国はルワンダで、それでも半分少しだからです。また、ルワンダ大虐殺後には女性が人口の8割を占めていたため、女性の政治参加が進みました。 何の側面で男女平等に本当になっているのか、なっていないないのか、この認識は議論の原点なのでしっかりするべきだと思います。 参考:
Female
OP
B1 表面上の平等も大事じゃないですか? 例えば性別でトイレ分けるのはどう思いますか?
Female
OP
B2 たしかに最初の現状認識は大事ですね! 私もその子の言った女性が政治家のほとんどを占めるっていう前提を鵜呑みにしちゃってました!ご指摘ありがとうございます。
Male
慶応義塾大学
組織内の女性の割合さえ増やせばいいと思っている人いますよね。
Male
上智大学
B3 LGBTQの方のことも考えると、女性専用トイレも男性専用トイレも快適にトイレを使う権利をすべての性に平等に保障しているとは言えないですね。その意味で、表面的な問題ではないと思いました。LGBTQの方のことを考えたら確かに、トイレはすべて個室とかの方がいいですね。でも、女性専用車両に関しては現に多くの女性が被害にあっているので必要だと思います。女性の7割が公共交通機関でちかんを経験したことがあるという調査結果もありますし。
Male
東京大学
Affirmative actionも行きすぎたら逆差別になるのは確かにそう。 でも今まで権利を奪われていた人が、それを社会全体で回復するための施策(その女性の権利ばっかりの主張とか)はある程度必要だと思うんですが。
Male
早稲田大学
↑の人も言ってるけど、Affirmative action(積極的差別、是正的措置)ですね。もちろんバランスが重要ですが、今までのかたよりをスムーズに戻すためには、必要なことかなと個人的には思ってます。
Anonymous
This comment has been deleted.
Content is deleted by author.
Male
早稲田大学
「機会の平等」が重要なのはもちろん、ジェンダーに関しては「結果の平等」も叫ばれるようになってきている気がする。行きすぎると逆差別になるんだけどね。ある意味共産的と言われても仕方のない考え方だけれど、アメリカを見てると今後この考え方がスタンダードになるんじゃないかなあ