憧れの大学と闘病生活

Anonymous
私は高校1年生の時から、ずっと通いたいと夢見ていた大学がありました。1年の夏から予備校に通い始め、部活が終わった後は自習室に通い詰めました。それでも最後まで E判定で、高い壁を見せつけられた。気がついたら机が鼻血で汚れていた、なんてこともありました。両親に体と心の心配をされながらも、第一志望に合格するために頑張り続けました。 そして、合格通知が届いた。その瞬間、胸が高鳴りました。入学後は新しい友達や環境にも恵まれ、何度も夢に見た大学でのキャンパスライフを満喫していました。 しかし、大学1年生の秋、私は体調を崩してしまいました。数ヶ月間、入院生活を余儀なくされ、大学に通うことができませんでした。病気の影響で学業に遅れを取り、落ち込むこともありました。しかし大学側の配慮もあり、なんとか進級が叶い、再び学業に取り組むことができました。 そして、時間をかけて少しずつ課題をこなしていく中で、興味を持つ分野に出会い、ようやく進みたい道が見えてきました。大学生活が、自分自身を知り、成長する機会となりました。 春から3年生になり、就活や卒論など、新たな課題が待ち受けています。でも、これまでの経験から、自分が好きなことに挑戦し、人生を楽しむことの大切さを学びました。これからも、自分の夢や目標を持ち続け、挑戦し続けたいと思います。 (ChatGPTに書かせた文をアレンジしました)
megapx
Like
33
3 comments