Male
東京大学

23卒就活生へ

2021年11月22日 00:03
11月も終わりに近づき、これから就活を始める方、始めたのは良いものの思うように結果が出ないという方もいるのではないでしょうか。 22卒就活を経験した身として、僭越ながら色々とアドバイスをできればなと考えています。 ライトな質問から具体的で深い質問にも私なりの観点からお答えいたします。 お気軽にどうぞ!
44
28 comments
Post information
Logo
20 new posts weekly
28 comments
Male
早稲田大学
内定先どこですか!?
Female
法政大学
インターンシップは何社ほど行かれましたか?
Male
OP - 東京大学
B1 ご質問ありがとうございます。 内定先は外資系戦略コンサルです。(これ以上の詳細は特定回避のためご遠慮ください)
Male
OP - 東京大学
B2 ご質問ありがとうございます。 インターン参加をしたのは5社くらいであったと記憶しています。 他の活動が忙しく、①志望度が高い、②選考に直結している、インターンのみに参加を絞っていました。
Male
早稲田大学
スゴイですね! MBB 🦀あたりかと思われますが尊敬します。コンサル系について明日質問させてください。
Male
法政大学
24卒です🙇‍♂️ 自分もコンサル業界考えてるのですが、ケースやフェルミは総合コンサル(big4など)の対策としても有用ですか? また、これらの対策が他業界の選考でも活きたと思う場面はありますか? 現時点ではコンサル、金融、広告あたりを考えております。
Male
OP - 東京大学
B5 恐縮です。お待ちしておりますね。
Male
OP - 東京大学
B6 ご質問ありがとうございます。 総合コンサルの選考においても、ケースおよびフェルミの対策は必須となります。 私も複数社選考を経験しましたが、どの会社でも内定をいただくまでにケース面接のようなプロセスを課されましたので、23卒就活でも同様になっているのではないでしょうか。 (とはいえ、個社の特徴もありますので、そこは各メディアの選考体験記をご覧ください)
Male
OP - 東京大学
B6 二つ目の質問にお答えすると、ケース対策は他業界の選考でも活きました。 分かりやすい例で申し上げますと、GDなどですかね。 一般的にGDで課されるお題とケース面接でのお題は似たような考え方を使うものも多く、この点では他の受験者よりも質の高い発言ができるようになると思います。 他にもケース面接を通して鍛えられた「論理的に物事を相手に伝える」力も他業界の選考に役立った記憶がありますが、そこまで説明すると長くなりそうなので一旦切らせてもらいます。 (引き続き何かご不明点あればお申し付けください。)
Male
早稲田大学
就活いつから始めてどれ位で内定決まりましたか?
Male
OP - 東京大学
B10 修士に進学する前から始めて、秋に初内定をいただきました。内定までに半年程度期間を要しましたね。
Male
法政大学
B8 それぞれご丁寧に回答いただきありがとうございます。具体例を交えていただいたので分かりやすく、大変勉強になりました。 併せて一つお聞きしたいことがあります。 「総コンの選考においてもケース及びフェルミの対策は必須」とのことですが投稿者様は具体的にどのような本で対策されましたか? 自分は現在「東大生が書いた」シリーズで勉強しているので、これ以外で何かあればご教示いただけますと幸いです。
Male
OP - 東京大学
B12 実際に動き始められてるようで凄いです。24卒で今のタイミングに対策をされていたらかなりのアドバンテージになるかと存じます。 対策に用いていた書籍についてですが、私は東大生シリーズに加えて、「過去問で鍛える地頭力」という本で勉強をしていました。 ケース対策には様々な本がありますが、上記の書籍に掲載されている解き方が現実的に就活生が出せるアウトプットに近いと思います。 これらの書籍でケースに対する頭の使い方をインプットして、終わり次第友人や先輩、就活イベントなどでどんどんアウトプットをする機会を設けることがおすすめの進め方です。
Male
OP - 東京大学
(こちらの投稿を見てくださってる方へ) 現在はコンサル業界の話題が中心になっておりますが、ES、webテスト、面接やGDなどの一般的な対策方法についてもお答えできるかと思います。 業界分析については、メーカーとメガバンクについてなら少しだけお話できます。 「この業界理解は合っていますか?」などの壁打ち程度であるなら論理性の評価はできますのでお気兼ねなく。
Male
早稲田大学
そもそもなぜ新卒でコンサルに入られたのかお聞きしたいです。
Male
早稲田大学
選抜コミュニティはどこかに入られていましたか?
Male
OP - 東京大学
B15 将来的に取り組みたいことに1番近い仕事ができるのがコンサル業界だったからです。 新卒でコンサル業界に進む人は、 ①キャリアアップのためのステップとしてのコンサルに興味がある。 ②社会人としての実力をつけたい。自己成長をしたい。 ③コンサルとして取り組みたいテーマがある。 上記の3種類に大分できると思います。 その中で言うと、私は③に該当していますね。 (どのスタンスであれ、しっかりと実力が認められれば内定を獲得することは可能です。)
Male
OP - 東京大学
B16 一応入ってはおりましたが、その中での評価は高い方ではなかったです。 (いわゆる専属メンターのような制度は利用できませんでした。) 当時の対策量や実力が足りていなかったと認識しております。
Female
法政大学
投稿者さんに就活についてまとめたアカウントつくってほしい🥺!
Male
OP - 東京大学
B19 ご提案ありがとうございます。 そのような機能があるのですね!最近インストールしたばかりで最低限の機能しか使いこなせていないです。
Female
中央大学
もし可能でしたら、ESとか見ていただきたいです、、、!!!ご検討よろしくお願いします🙇🙇
Male
OP - 東京大学
B21 ご質問ありがとうございます。 簡単なチェックでしたら可能ですが、その場合どのように見ることになるのでしょうか、、、? ここに貼る訳にもいきませんよね?
Male
慶応義塾大学
3つ質問があります! 以下ご回答よろしくお願いします! ・ESを書く際と面接を受ける際に意識していたことは何か? ・面接練習はどのように行なっていたか?   ・一つ目の質問に関連するのですが、インターン選考のESではある程度定型化して書いていましたか?また、どんな要素を含めて書いていましたか?
Male
OP - 東京大学
B23 ご質問ありがとうございます。 文字数の都合もありますので、特に気を付けていた点をピックアップしてお伝えしますね。 ・ESを書く際と面接を受ける際に意識していたことは何か? →ESで特に気をつけていたことは、①ESを通して自分のどんなところをアピールしたいのか、②どのような工夫をしたらそのアピールが面接官に通じるのか、というところです。 ①は言わずもがなと思いますが、②を実践できている方は少ないと思います。 例えば、「私は傾聴力があります」みたいなアピールポイントを設定したとしても、そこを自身の強みとして推してる人はかなりいそうですよね? 面接官側からすると、「同じようなこと何回も聞いたけど、本当に君はそこが強いの??」となる訳です。 それを払拭する方法(≒自分なりのオリジナリティを出す方法)として、❶そもそものアピールポイントをユニークなものにする、❷ありきたりなアピールポイントでも、その原体験をユニークに語れるようにする、などがあると考えておりそれを実践していました。 面接では、上記を同様に意識していたことに加えて、第一印象を良くすることにフォーカスしていました。 特に一次面接など、時間があまり設けられない面接では印象が半分くらいのウエイトを占めていると思いますので、かなり気を使うべきだと考えています。 (第一印象を良くする方法などはたくさんコラムがあると思いますので、ぜひご自分で調べてみてください)
Male
OP - 東京大学
・面接練習はどのように行っていたか? →実践あるのみです。恥ずかしがってやらない人が多いですが、ここができるかどうかが大きな分かれ道になります。 (ちなみに私は意地を張って1人で進めていましたが、非効率であったと後悔しています) ここで聞きたいのは、「実践のメリットって何やねん?」ってことだと思います。 その導入として、1人で面接練習をする際の懸念点を下記に簡単にまとめますね ・自分の書いた文章は自動的に脳内補正がかかるため、見た目以上に論理的であると勘違いしやすい ・内容がロジカルであったとしても、その内容が相手に適切に伝わってるかの確認ができない ・非言語の情報(表情や姿勢、身振りなど)を客観的に振り返ることができない 代表例を挙げるとこのあたりでしょうか。要は就活に限らずコミュニケーションを自分の殻の中でガラパゴス化することは沼にハマる要因となりかねませんので、定期的に他者の視点による補正が必要ということです。
Male
OP - 東京大学
・一つ目の質問に関連するのですが、インターン選考のESではある程度定型化して書いていましたか?また、どんな要素を含めて書いていましたか? →インターンでのESは定型化していました。ほぼコピペなんてザラにあったと記憶しています。 インターン選考で聞かれることは、(コンサルを除けば)ガクチカや人柄の深掘りになるので会社による違いがあまり大きくありません。そのため基本的には同じ作戦で臨んでいました。 とはいえ、業界によって求められる人物像も少しずつ変わると思うので、そこに対する調整はした方が良いですね。 要素に関しては一つ目の回答に準ずるといったものになります。 会社説明会や選考体験記からなんとなく会社側が求めている人物像を把握して、自分の人柄の中から特に刺さりそうな部分を少し強調して書く、くらいでしょうか。 書類選考に関してはESよりもwebテストの方が切られる要因になりがちだと思いますので、そちらの対策をしっかりされることも大事だと思います。
Male
慶応義塾大学
丁寧にご回答ありがとうございます!! ちなみにインターンのESにおける定型化というのは構造のテンプレートみたいなものは用意されていたでしょうか? 用意されていたもしくは定型化した構造で書いていたというのであれば、そちらを見せていただきたいです‥!
Male
OP - 東京大学
B27 ESにテンプレートは用いていないですし、そのようなフォーマットを用いて作成してる方もお見受けしたことはありません。 あなたなりの経験をあなたなりの書き口で構造的に書けるよう、ぜひ挑戦してみてください。