Male
慶應義塾大学

ふろむださん著、効率的な学習の本を読んだ人来てくれ

6月20日 15:22
こんにちは。留年したので会計士の勉強をし出したクズです。(すみません再掲してます) それでなのですが、ふろむださんの効率的な勉強法を読んだ方いたら教えてほしいことがあります。 あの本で勉強方法を決めているのですが、これであってるのか教えてほしいです。 投稿したのは、頭のいい皆さんの中には、あの本を読んでてなおかつ内容も完璧に理解しているという人がいると思ったからです。 あの本を参考に勉強してるのですが、正直難しくて理解できてない部分がある上、4巻の上編までしか読んでないです。 あの本の理論を一般化して落とし込んでやってるつもりなので、間違ってるところ有れば教えてほしいです。 想起度モデルポンプ 学習効率表 学習効率表の3つを参考にしつつ書いてある内容から考えて勉強法を組み立てています。
↓↓↓↓ オンラインで見れるオンデマンド授業なので復習を最低限にしてなるべく早く終わらせて、テキストと問題集の回転に移る。(何度も想起度を上げ下げする回数を増やすため) 同じ科目でも、同一の単元はなるべく同じ日に見終わって、同一の単元でないなら普段は科目をバラけさせて学習する。(インターリープ学習と類似した項目の学習は効率が良い) 計算が70単元ある内、1日5単元の中からなるべくその単元の中で一門総合的な問題を解く。これを5×14で、2週間サイクルで行い回転させる。(インターリープでの学習効率化) 3回目までは、 復習をその日→1~2週間経ったあたりで復習→1ヶ月経ったあたりで再度復習 で行い、4回目以降は3回とも正解したところは解かずに勉強を進める。5周した後は問題集の勉強に移る。(間隔を開けた方が記憶力が良くなるやつ) 2回目まではテキストも一応読みながらの学習。3回目以降はテキストの問題だけ解き、4回目以降は3回目まで全て正解した問題は解かない。5回目も同様。 (テスト→勉強は効率が良く、ただし耐忘度が高くなった知識はあまり意味がないやつ) そして、テキストの問題でわからない時はすぐに答えを見て、2回目までは計算の導出のみに留めて計算自体は行わない。(探索が想起度を上げるから) 問題集は3回以上復習をした単元からどんどん進めていく。(今はまだ授業を全て見終わってないのでやってません) って感じでやってます。 間違っている、というか解釈違くね?というところ有れば教えて欲しいです!あとは4巻以降読んだ人とかも意見くださると嬉しいです。
26
2 comments
Post information
Logo
6 new posts weekly
2 comments
Male
一橋大学
すご… 僕ならもっとシンプルでわかりやすい方法を選んでしまう
B1June 20