6/2 トゥルーマン・ショー症候群📱

The Truman Show: Has a film ever predicted the future so accurately? 「トゥルーマン・ショー」 未来をこれほど正確に予言した映画があっただろうか。
megapx
 The Truman Show also formulates how life can be lived for the entertainment of others. Now, we can all become Trumans thanks to widespread access to online platforms. The phenomenon of self-broadcasting has proliferated in our self-narrativising society; 映画『トゥルーマン・ショー』は、他人の娯楽のために人生をいかに生きるか、ということを表現している作品だ。現在では、オンライン・プラットフォームに広くアクセスできるようになったおかげで、私たちは皆、トルーマンになることができる。 you can provide an unending soap opera stream of life to an audience online via Twitter, Instagram, Facebook, TikTok and many more. We can all, too, indulge in the much-derided Main Character Syndrome – a social media shorthand for those who narcissistically imagine themselves as the protagonist in their own life story, with the people around them as supporting characters. Twitter、Instagram、Facebook、TikTokなど、さまざまなソーシャルメディアを通じて、視聴者に人生の壮大な物語を延々と提供することができる。私たちは皆、「主役症候群」と呼ばれる、ナルシスト的に自分を主人公とし、周囲の人々を脇役とする人生を想像している人たちのことを指すソーシャルメディア上の略語にどっぷり浸かってしまうことがある。 "I think [the film] makes a strong case for this sense of the growing impossibility to separate entertainment and reality," film programmer and writer Lilia Pavin-Franks tells BBC Culture. "Perhaps audiences have an affinity for reality TV because it gives a sense of relatability, but at its very core, reality TV still remains entertainment first and foremost." 「映画製作者であり作家でもあるリリア・パヴィン・フランクスは、BBCカルチャーにこう語る。「エンターテインメントと現実を分けることが不可能になりつつあるという感覚を、(この映画は)強く訴えていると思う」と。「リアリティーのあるテレビは共感できるからこそ、視聴者は親近感を持つのかもしれませんが、その根底にあるのは、やはりエンターテインメントであることに変わりはありません」。 Pavin-Franks highlights the complicated relationship between viewer and participants at the core of The Truman Show's story and reality TV generally. How does the former view the latter – as empathetic subjects, enjoyably manipulated objects or both? Whatever the nature of the bond, certainly it can be a strong one: according to a 2016 study by market research agency OnePoll, "almost 1 in 5 of those surveyed have revealed they have grown attached to a reality star or character, with 1 in 10 admitting to becoming obsessed with a reality show". パヴィン・フランクは、『トゥルーマン・ショー』の物語やリアリティ番組全般の核となる、視聴者と参加者の複雑な関係を浮き彫りにした。市場調査会社OnePollの2016年の調査によると、「調査対象者のほぼ5人に1人がリアリティスターやキャラクターに愛着を持ち、10人に1人がリアリティショーに夢中になったことを認めている」というから、その結びつきが強いことは間違いない。 This extracts the idea of a participant being perceived as a consumer product: it appears in Weir's film in the way the audience buy into the character of Truman with Truman-themed merchandise. But there's also something enraptured about the way they watch him, from their sofas, in bars, and even in the bathtub, 24 hours a day – a profound collective experience. ウィアーの映画では、観客がトゥルーマンをテーマにしたグッズでトゥルーマンのキャラクターを買い求めるという形で、参加者が消費財として認識されるというアイデアを抽出した。しかし、ソファから、バーから、さらにはバスタブの中から、24時間体制でトルーマンを見守る姿には、何かうっとりするようなものがある--奥深い集合体験である。 The Truman Show Syndrome The Truman Show's continued cultural resonance can be seen very concretely in the emergence of "Truman Show Syndrome", a term coined in 2008 by psychiatrist Joel Gold and his academic brother Ian Gold to describe patients who believed they were being documented for the entertainment of others. トゥルーマンショーは、2008年に精神科医のジョエル・ゴールドと彼の学者の弟イアン・ゴールドが、「自分は他人の娯楽のために記録されている」と考える患者を指す「トゥルーマンショー症候群」という造語を生み出し、今もその影響は具体的に現れている。 Ian Gold, Associate Professor of Philosophy and Psychiatry at McGill University, tells BBC Culture that though the film "captured a salient moment in the history of technology, and resonated with the experience of many people", it was not the singular cause of the delusion. Instead, the impact of the film intersected with mounting surveillance within Western culture. "Following 9/11, the Patriot Act made surveillance a salient feature of American culture, and that was probably an important contributor to the general anxiety around loss of privacy," he adds. マギル大学のイアン・ゴールド准教授(哲学・精神医学)はBBCカルチャーに、この映画は「テクノロジーの歴史における重要な瞬間を捉えており、多くの人々の体験と共鳴した」としながらも、この映画が妄想の唯一の原因ではなかったと語る。「9.11の後、愛国者法によって監視がアメリカ文化の顕著な特徴になり、それがプライバシーの喪失に対する一般的な不安の重要な要因になったのでしょう」と彼は補足する。 One can then assume that the widespread access to mobiles and social media would only have elevated Truman-like anxieties further. That is certainly the belief of Dr Paolo Fusar-Poli, Professor and Chair of Preventive Psychiatry in the Department of Psychosis Studies at King's College London, and co-author of research on the Truman Show Syndrome phenomenon published in the 2008 British Journal of Psychiatry. そして、携帯電話やソーシャルメディアへのアクセスが広まったことで、トルーマン的な不安がさらに高まったと考えることができる。これは、キングス・カレッジ・ロンドンの精神病研究部門の教授兼予防精神医学の議長であり、2008年のBritish Journal of Psychiatryに掲載されたトルーマン・ショー・シンドローム現象に関する研究の共著者であるパオロ・フサール=ポリ博士の考えである。 Dr Fusar-Poli tells BBC Culture: "Certainly, the profound recent digitisation and hyper-exposure of our lives on social media could trigger these [Truman-like] experiences." Professor Gold furthers that "cultural realities are always intruding into psychotic experience," and therefore the transition to a highly digital life could heighten paranoia surrounding surveillance. フサール=ポリ博士はBBCカルチャーに語る「確かに、最近のデジタル化の進展と、ソーシャルメディアにおける私たちの生活の過剰な露出は、こうした(トルーマンのような)体験を引き起こす可能性があります」。 ゴールド教授はさらに、「文化的リアリティは常に精神病的体験に侵入している」とし、したがって、高度にデジタル化された生活への移行は、監視をめぐる妄想力を高める可能性があると述べている。
Like
28
1 comments