インドのCEO、人間よりAIロボットを選んだと批判

India CEO criticised for picking AI bot over human staff
The bot has cut down response resolution time, Mr Shah said ボットの導入で解決時間が短縮されたとシャー氏
megapx
An Indian CEO is being criticised after he said that his firm had replaced 90% of its support staff with an artificial intelligence (AI) chatbot. インドのCEOが、自社のサポートスタッフの90%を人工知能(AI)チャットボットに置き換えたと発言し、批判を浴びている。 Suumit Shah, founder of Dukaan, said on Twitter that the chatbot had drastically improved first response and resolution time of customers' queries. Dukaanの創設者であるSuumit Shah氏は、チャットボットによって顧客からの問い合わせの初動と解決時間が劇的に改善されたとツイッターで述べた。 The tweet sparked outrage online. このツイートはネット上で怒りを買った。 It comes at a time when there has been a lot of conversation and apprehension about AI taking away people's jobs, specially in the services industry. このツイートは、AIが特にサービス産業において、人々の仕事を奪うことについて多くの話題や懸念があるときに行われた。 In a series of tweets, which have over one million views, Mr Shah wrote about his firm's decision to use a chatbot. He said that though laying off staff had been a "tough" decision, it was "necessary". 100万ビューを超える一連のツイートで、シャー氏はチャットボットを使うという会社の決定について書いている。従業員の解雇は「厳しい」決断だったが、それは「必要なこと」だったと述べた。 "Given the state of economy, start-ups are prioritising 'profitability' over striving to become 'unicorns', and so are we," he wrote. Mr Shah added that customer support had been a struggle for the firm for a long time and that he was looking to fix this. 「経済の状況を考えると、新興企業は "ユニコーン "になる努力よりも "収益性 "を優先しており、我々も同様です」と彼は書いている。シャー氏は、カスタマーサポートは長い間同社にとって重荷であり、これを解決したいと考えていると付け加えた。 He also wrote about how they built the bot and the AI platform in a short span of time so that all of Dukaan's customers could have their own AI assistant. He said that the bot was answering all kinds of queries with speed and accuracy. 彼はまた、Dukaanのすべての顧客が自分専用のAIアシスタントを持てるように、ボットとAIプラットフォームを短期間で構築した方法についても書いている。彼は、ボットがあらゆる種類の問い合わせに迅速かつ正確に答えていると述べた。 "In the age of instant gratification, launching a business is not a distant dream anymore," he wrote. "With the right idea, the right team, anyone can turn their entrepreneurial dreams into reality." 「即応性の時代において、ビジネスを立ち上げることはもはや遠い夢ではありません。」「正しいアイデアと正しいチームがあれば、誰でも起業の夢を現実に変えることができる」。 Mr Shah also added that the firm was hiring for multiple roles. シャー氏はまた、同社が複数の職務を募集しているとも付け加えた。 However, many users criticised his tweets and accused him of disrupting the lives of his staff with this "heartless" decision. しかし、多くのユーザーが彼のツイートを批判し、この「非情な」決定でスタッフの生活を混乱させていると非難した。 "As expected, didn't find any mention about the 90% staff that were laid off. What assistance were they provided?" asked one user. 「予想通り、解雇された90%のスタッフについての言及は見つからなかった。彼らはどのような支援を受けたのだろうか」と、あるユーザーは質問した。 "Maybe it was the right decision for the business, but it shouldn't have turned into a celebratory/marketing thread about it," said another. 「ビジネスとしては正しい決断だったのかもしれないが、それを祝うスレッドや 宣伝スレッドにすべきではなかった」と別のユーザー。 Mr Shah responded to one tweet saying "as expected, someone will get offended on behalf of someone else" and added that he would post about assistance for his staff on LinkedIn, because on Twitter, people are in search of "profitability and not sympathy". シャー氏はあるツイートに対して、「予想通り、誰かが誰かの代わりに気分を害するだろう」と答え、ツイッターでは人々は「収益性」を求めているのであって「同情」ではないので、スタッフへの支援についてはリンクトインに投稿すると付け加えた。 In recent years, generative AI tools like ChatGPT have proliferated and become more accessible. There have been reports of organisations using these tools to increase productivity while cutting costs. This has made workers fearful about losing their jobs to technology. 近年、ChatGPTのような生成AIツールが普及し、より利用しやすくなっている。コスト削減と同時に生産性を向上させるためにこれらのツールを使用している組織の報告もある。そのため、労働者はテクノロジーに仕事を奪われることを恐れている。 In March, Goldman Sachs published a report showing that AI could replace the equivalent of 300 million full-time jobs. In India, several firms are investing into AI to develop products and it has sparked concerns about job losses. ゴールドマン・サックスは3月、AIが3億人分の正規雇用に取って代わる可能性があるというレポートを発表した。インドでは、いくつかの企業が製品開発のためにAIに投資しており、それが雇用喪失の懸念を呼び起こしている。
LikeWow
28
1 comments