AIとのやりとりの末に命を絶った男性

少し古いニュースですが。。。
megapx
Belgian man dies by suicide following exchanges with chatbot
A young Belgian man recently died by suicide after talking to a chatbot named ELIZA for several weeks, spurring calls for better protection of citizens and the need to raise awareness. ベルギーの若い男性が最近、ELIZAというチャットボットと数週間会話した後に自殺し、市民保護の強化や意識改革の必要性が叫ばれている。 "Without these conversations with the chatbot, my husband would still be here," the man's widow has said, according to La Libre. She and her late husband were both in their thirties, lived a comfortable life and had two young children. 「チャットボットとの会話がなければ、私の夫はまだここにいたでしょう」とその男性の妻は語ったとLa Libre紙は伝えている。彼女と亡き夫はともに30代で、平穏な生活を送り、2人の幼い子供がいた。 However, about two years ago, the first signs of trouble started to appear. The man became very eco-anxious and found refuge with ELIZA, the name given to a chatbot that uses GPT-J, an open-source artificial intelligence language model developed by EleutherAI. After six weeks of intensive exchanges, he took his own life. しかし、2年ほど前からトラブルの兆しが見え始めた。この男性は非常に環境問題に不安を感じるようになり、そして、EleutherAIが開発した人工知能言語モデルであるGPT-Jを使用したチャットボットELIZAに頼ろうとした。6週間の交流の後、彼は自ら命を絶った。 Last week, the family spoke with Mathieu Michel, Secretary of State for Digitalisation, in charge of Administrative Simplification, Privacy and the Regulation of Buildings. "I am particularly struck by this family's tragedy. What has happened is a serious precedent that needs to be taken very seriously," he said on Tuesday. 先週、遺族はマチュー・ミシェル国務長官(行政簡素化、プライバシー、建築物規制担当)と話をした。「私はこの家族の悲劇に特に心を打たれています。今回の事件は、非常に深刻に受け止めなければならない重大な前例です」と彼は火曜日に述べた。 He stressed that this case highlights that is it "essential to clearly define responsibilities." この事件における、「責任を明確に定義することが不可欠」であることを彼は強調している。 "With the popularisation of ChatGPT, the general public has discovered the potential of artificial intelligence in our lives like never before. While the possibilities are endless, the danger of using it is also a reality that has to be considered." 「ChatGPTの普及により、一般の人々は人工知能の可能性をかつてないほど身近に感じている。可能性は無限であるが、それを利用することの危険性もまた、考慮しなければならない現実である。」 Urgent steps to avoid tragedies 悲劇を避けるための緊急措置 To avoid such a tragedy in the immediate future, he argued that it is essential to identify the nature of the responsibilities leading to this kind of event. 当面、このような悲劇を避けるためには、このような出来事につながる責任の本質を見極めることが不可欠だと主張した。 "Of course, we have yet to learn to live with algorithms, but under no circumstances should the use of any technology lead content publishers to shirk their own responsibilities," he noted. 「もちろん、私たちはまだアルゴリズムと共存することを学んでいないが、どんな状況であれ、いかなるテクノロジーの使用も、 コンテンツ公開者が自らの責任を回避することにつながるものであってはならない」と彼は指摘した。 OpenAI itself has admitted that ChatGPT can produce harmful and biased answers, adding that it hopes to mitigate the problem by gathering user feedback. オープンAI自身も、ChatGPTが有害で偏った回答を生み出す可能性があることを認めており、ユーザーからのフィードバックを集めることで問題を軽減したいと付け加えている。 In the long term, Michel noted that it is essential to raise awareness of the impact of algorithms on people's lives "by enabling everyone to understand the nature of the content people come up against online." 長期的には、「オンライン上で人々が直面するコンテンツの性質を誰もが理解できるようにすることによって」、アルゴリズムが人々の生活に与える影響に対する認識を高めることが不可欠であるとミシェルは指摘した。 Here, he referred to new technologies such as chatbots, but also deep fakes – a type of artificial intelligence which can create convincing images, audio and video hoaxes – which can test and warp people's perception of reality. ここで彼は、チャットボットのような新しい技術だけでなく、ディープフェイク(説得力のある画像、音声、映像のデマを作り出すことができる人工知能の一種)にも言及し、人々の現実認識を試し、ゆがめる可能性があるとした。 Michel added that citizens must also be adequately protected from certain applications of artificial intelligence that "pose a significant risk." ミッシェルは、「重大なリスクをもたらす」人工知能の特定の応用から市民を適切に保護する必要もあると付け加えた。 The European Union is looking to regulate the use of artificial intelligence with an AI Act, which it has been working on for the past two years. Michel has set up a working group to analyse the text currently being prepared by the EU to propose the necessary adjustments. 欧州連合(EU)は、AI法を制定して人工知能の使用を規制しようとしている。ミッシェルは、EUが現在準備中の文章を分析し、必要な調整を提案する作業部会を立ち上げた。
LikeSad
18
1 comments