ラマチャンドラン・プロットの手法について

こんばんは。最近バイオインフォマティクス技術者の資格の勉強をしております理科大の汚点です。 ラマチャンドラン・プロットにおいて、どのアミノ酸(グリシンなど)がなぜ特徴的な形をとるのかが理解し難いです。確かにαヘリックス、βシートを形成しやすいアミノ酸の理由は少しは理解しているつもりです。しかし読み取り方がわからないので教えて欲しいです。お願いします。
Like
31
2 comments