インドの最高裁判所、同性婚の法的承認を拒否

megapx
India’s top court has declined to grant legal recognition to same-sex marriages, saying it is beyond its scope and should be decided by parliament, but emphasizing that queer relationships should not face discrimination by the state. インドの最高裁判所は、同性婚に法的な承認を与えないことを決定し、これは最高裁の権限を超え、議会によって決定されるべきだと述べた。ただし、最高裁は、クィアの関係が国家によって差別されるべきではないと強調した。 --- The marriage ruling will be a disappointment for LGBTQ+ people in India, who had hoped the supreme court judges would recognise their constitutional right to marriage equality. この結婚に関する判決は、インドのLGBTQ+コミュニティにとって失望となるだろう。彼らは最高裁判所の判事たちが憲法に基づく結婚平等の権利を認めるだろうと期待していたのである。 --- In a sign of how contentious the issue remains in India, the five-judge bench of the supreme court, led by the chief justice of India, said they had been divided on the matter, and four separate judgments were written by the bench. Two of the judges had supported same-sex civil unions but the majority verdict ruled against them. インドにおいてこの問題が依然として論争の的であることを示す兆候として、最高裁判所の5人の判事からなるベンチは、インドの最高裁判所長官を含む、この問題について意見が分かれていたと述べ、ベンチからは4つの独立した判決が出された。2人の判事は同性の市民連合を支持していたが、過半数を占める判決はその逆を示した。 --- Rohin Bhatt, one of the lawyers in the case, said: “Today the court has reaffirmed that queer citizens will be relegated to an unsympathetic legislature and an apathetic executive. We are second-class citizens, no matter how many judicial platitudes say otherwise. We will rise in rage and protest.” この事件の一環として関与した弁護士の一人、Rohin Bhattは述べた。「今日、裁判所は再び示しました。クィアの市民は無関心な立法府と無関心な行政府に閉じ込められることになります。裁判所の美辞麗句がどれほど言おうと、私たちは二級市民です。私たちは怒りと抗議の声を上げるでしょう。」 --- In 2018 the supreme court scrapped a colonial-era law banning homosexuality in India. But while acceptance of homosexuality is growing, Indian society still remains largely conservative and there was resistance to opening up marriage to same-sex couples, who still face rampant discrimination and harassment in society. 2018年に、インドの最高裁判所は、同性愛を禁止していた植民地時代の法律を廃止した。しかし、同性愛の受容は増加していますが、インド社会は依然として主に保守的であり、同性カップルに結婚の道を開くことに対する抵抗があった。彼らは依然として社会で広範な差別と嫌がらせに直面している。 --- Ankita Khanna, who was one of the petitioners in the case, said she was “deeply disappointed”. この事件の原告の一人であるAnkita Khannaは、「非常に失望しています」と述べた。 --- “The hearings and the months thereafter had given us a lot of hope: that we were in the highest court of the country, and that our struggles were being heard and deliberated upon deeply,” she said. 彼女は、「裁判とその後の数ヶ月は、私たちに多くの希望を与えてくれました。国の最高裁判所におり、私たちの闘いが深く聞き入れられ、熟考されているという実感がありました」と述べた。 --- “But what we got today was a deeply divided judgement that was unclear about what the law could offer as relief to the challenges of our unequal and diverse queer lives.” 「しかし、今日得たのは、不平等で多様なクィアの生活の課題に対する救済として法律が提供できるものが何か不明確な、非常に分かれた判断でした。」 --- Khanna added: “Having said that, the queer community will continue to move forward in solidarity and with resilience, as we always have.” Khannaは「とは言っても、クィアのコミュニティは、いつも通り団結し、強靭な意志で前進し続けるでしょう」と付け加えた。 --- The ruling Hindu nationalist Bharatiya Janata party (BJP) government had opposed the case, calling the arguments for equality “urban elitist views” and stating that marriages were not “comparable with the Indian family unit concept of a husband, a wife and children”. It had argued that the matter should be decided in parliament, not the courts. 判決を下したインドの国民主義的なヒンドゥー教民族主義政党であるバラティヤ・ジャナタ・パーティ(BJP)政府は、この訴訟に反対し、平等の主張を『都市のエリート主義の視点』と呼び、結婚は『夫、妻、子供からなるインドの家族概念とは比較できない』と主張した。政府は、この問題は裁判所ではなく議会で決定すべきだと主張していた。 --- The petitioners, which included dozens of LGBTQ+ couples and activists who came together in a collective lawsuit, had been fighting to amend India’s special marriage act – which allows civil unions between couples of different religions – to be expanded to include same-sex couples. In India, LGBTQ+ couples are denied rights such as joint bank accounts, being the legal next of kin, and recognition for inheritance, while marriage remains a fundamental pillar of society. 原告は、異なる宗教のカップル間で市民連合を可能とするインドの特別結婚法を改正し、同性愛カップルを含めるよう求めていた。この訴訟には、LGBTQ+カップルや活動家数十組が集結し、共同の訴訟を進めていた。インドでは、LGBTQ+カップルは共同銀行口座の権利、法的な次の親族としての権利、相続に関する認知などが拒否されており、一方で結婚は社会の基本的な要石のままである。 --- The impassioned arguments for the case, which were heard in a marathon of hearings in April and May, had been followed closely across the country as they were livestreamed from the court. 4月と5月に行われた一連の長時間の聴聞会で行われた情熱的な議論は、裁判所からのライブストリーミングで全国的に注目された。 --- However, on Tuesday, the chief justice of India, DY Chandrachud and the four other judges ruled that amending the special marriage act went beyond the scope of the court, amounting to “judicial lawmaking”, and was instead the job of the legislature. しかし、火曜日に、インドの最高裁判所長官であるDY Chandrachud氏と他の4人の判事は、特別結婚法を改正することが裁判所の権限を超え、「司法立法」となり、これは代わりに議会の仕事であると判断した。 --- In his ruling, Chandrachud emphasised that LGBTQ+ people should have the right to choose their partners and co-habit and should not face discrimination under the law. 彼の判決で、Chandrachud氏はLGBTQ+の人々はパートナーを選び、共同生活を送り、法の下で差別に直面すべきでないと強調した。 --- “Choosing a life partner is an integral part of choosing one’s course of life. Some may regard this as the most important decision of their life,” he said. He instructed the government to form a high level committee to examine the concerns, rights and welfare entitlements of same-sex couples. 「人生のコースを選ぶ上でライフパートナーを選ぶことは、選択の一部であり、多くの人々にとってこれを人生で最も重要な決定と見なすこともあるでしょう。」と彼は言った。彼は政府に、同性カップルの懸念、権利、福祉の要求を調査するための高位委員会を設立するよう指示した。 --- “Queerness is not urban elite. Homosexuality or queerness is not an urban concept or restricted to the upper classes of the society,” added Chandrachud. He had also expressed his support for LGBTQ+ couples being allowed to adopt, but was overruled by the majority of the bench. 「クィアは都市のエリートに限られたものではない。同性愛やクィアは都市の概念に限定されたものではなく、社会の上層階級に限定されたものでもない」とChandrachud氏は付け加えた。彼はLGBTQ+カップルの養子縁組を許可することに賛成を表明していたが、ベンチの過半数によって否決された。 --- Speaking outside court, Karuna Nundy, a supreme court lawyer fighting the case, emphasised that the rulings given by the bench had still “taken the law forward” in terms of LGBTQ+ rights. “There were judgments that spoke of the obligation of the state to look at civil unions, to examine the ways in which relationships of queer couples must be recognised and respected,” she said. 法廷外で語った、この事件で戦っている最高裁判所の弁護士であるKaruna Nundy氏は、ベンチによって下された判決はLGBTQ+の権利の観点から依然として「法を前進させた」と強調した。「国家が市民連合を検討し、クィアカップルの関係がどのように認識され尊重されるべきかを検討する義務について述べた判決がありました」と彼女は述べた。 --- Justice Kaul, who was also part of the bench, was among those expressed his support for same-sex civil unions. “Non-heterosexual and heterosexual unions must be seen as both sides of the same coin,” he said. ベンチの一員であるJustice Kaulも、同性の市民連合を支持した人々の中に含まれていた。「非異性愛者と異性愛者の結合は、同じコインの両面として見られるべきだ」と彼は述べた。 --- 覚えておきたい単語 parliament 国会、議会 relegate 追いやる、追放する rage 激怒、憤激 conservative 保守的な、伝統を守る homosexuality 同性愛 petitioner 請願者 solidarity 団結、連帯、結束 judicial 司法の、裁判の
Like
45
1 comments