経済的圧力にも屈しず、ホリデーシーズンの買い物予算は何十億ドルも

megapx
For many people, money is tight. Yet retail forecasters are predicting a return to pre-pandemic holiday shopping norms. 多くの人にとって、お金が厳しい状況ですが、小売業の予測者はパンデミック前のホリデーシーズンの買い物慣行が戻ると予想しています。 --- Amid a cost-of-living crisis, many families are struggling with spiking prices due to inflation, rising housing costs and, in the US, the re-start of student-loan payments. With less discretionary income, many consumers have pulled back on spending. Now, the holiday shopping season is approaching amid the financial squeeze – yet instead of keeping spending tight, experts are predicting consumers will still lay out cash. 生活費の危機の中、多くの家庭がインフレによる物価の急上昇、住宅費の増加、そしてアメリカでは学生ローンの返済再開といった課題に直面しています。余剰収入が減少しているため、多くの消費者が支出を控える傾向にあります。しかし、今、財政的な圧力の中でホリデーシーズンが近づいているにもかかわらず、専門家は消費者が依然として現金を使うことを予測しています。 --- In fact, not only will consumers spend, but some retail forecasters are even predicting a return to pre-pandemic holiday shopping norms. According to Deloitte's 2023 Holiday Retail Survey, US spending is expected to surpass pre-pandemic levels for the first time. 実際、消費者は支出するだけでなく、一部の小売業の予測者は、パンデミック前のホリデーシーズンの通常の買い物の傾向が戻ることさえ予測しています。デロイトの2023年ホリデーリテール調査によれば、アメリカの支出は初めてパンデミック前の水準を上回る見込みです。 --- "We're returning to some historic levels," says Stephen Rogers, managing director of Deloitte's Consumer Industry Centre and an author on the holiday retail survey. "Participation is nearly universal; 95% of people plan to participate in holiday shopping." That's up from 92% in 2022, and just 88% in 2021. 「私たちは歴史的な水準に戻りつつある」と、デロイトの消費者産業センターのマネージングディレクターであり、ホリデーリテール調査の著者でもあるスティーブン・ロジャーズは述べています。「ほぼ誰もが参加しており、95%の人がホリデーシーズンのショッピングに参加する予定です。」これは2022年の92%から上昇し、2021年の88%からも増加しています。 --- Deloitte's data shows consumers expect to spend just more than $1,600 (£1,320) on average. But with higher prices in an inflation economy, Rogers says the total number of gifts purchased will be a lot lower than in previous years. "If you go back to 2019, there were 15 gifts on average," he says. This year, shoppers expect to get half as many for about the same amount of money. デロイトのデータによれば、消費者は平均で1,600ドル(1,320ポンド)以上を支出する予定です。しかし、インフレーション経済における高い物価のため、ロジャーズ氏は購入される贈り物の総数は以前の年に比べてずっと少なくなると述べています。「2019年にさかのぼると、平均で15の贈り物がありました」と彼は言います。今年、買い物客は同じくらいの金額で半分の数の贈り物を贈ると予測されています。 --- The holiday shopping window is shortening, too. While the season once got into full swing in October, this year shoppers are saving a big chunk of their budget for the last two weeks in November, according to the Deloitte survey. "We expect much more activity on Black Friday and Cyber Monday than last year," says Rogers. "People are just more price sensitive, and they're waiting for those promotions." ホリデーシーズンの買い物期間も短くなっています。かつては10月に本格的に始まっていた季節が、今年はDeloitteの調査によれば、11月の最後の2週間に予算の大部分を残しているようです。「ブラックフライデーとサイバーマンデーで昨年よりもずっと多くの購買行動が期待されています」とロジャーズ氏は述べています。「人々は価格に敏感で、それらのプロモーションを待っています。」 --- In an online shopping forecast based on Adobe Analytics data, the company predicted record discounts – up to 35% off – in 18 different categories. Toys are expected to have the biggest discounts, followed by electronics and apparel. According to the report, shoppers will likely find the biggest discounts during Cyber Week – the week after US Thanksgiving – and continue into the first week of December. Adobe Analyticsデータに基づいたオンラインショッピングの予測では、同社は18の異なるカテゴリーで最大35%の割引を含む過去最高の割引が予想されています。おもちゃが最も大きな割引を期待されており、次いで電子製品とアパレルが続きます。報告によれば、買い物はアメリカの感謝祭の後の週である「サイバーウィーク」に最大の割引を得ることができ、12月の最初の週にも続きます。 --- In other words, says Rogers, there's a major shopping boom coming, "and retailers need to be ready for that". ロジャーズ氏は言います、要するに、大規模なショッピングブームが来ているということで、「小売業者はその準備を整える必要がある」ということです。 --- For many businesses, holiday shopping is vitally important, says Andy Challenger, senior vice president of job-search firm Challenger Gray & Christmas, Inc. "A lot of retail companies basically turn a profit only in the fourth quarter, and that's the time when they can make all their money." 求人検索会社チャレンジャー・グレイ・アンド・クリスマスのシニアバイスプレジデントのアンディ・チャレンジャー氏は、多くのビジネスにとって、ホリデーシーズンの買い物は非常に重要だと述べています。「多くの小売業者は実際、四半期のうちで利益を上げることがあり、その時期が彼らにとって収益を上げるチャンスなのです。」 --- Retailers' online shopping platforms will see more action than ever this year. The Adobe Analytics' data forecasted that US online shopping alone between 1 Nov and 31 Dec will hit more than $221bn (£183bn), representing a nearly 5% growth from the 2022 season. 今年、小売業者のオンラインショッピングプラットフォームは過去最多の活発さを見せるでしょう。Adobe Analyticsのデータによると、2022年のシーズンからほぼ5%成長し、11月1日から12月31日までのアメリカのオンラインショッピングだけで2201億ドル(1830億ポンド)以上に達すると予測されています。 --- "The pandemic has accelerated our addiction to online convenience, and it appears that we've settled into a pattern," says Rogers. In fact, he adds, the Deloitte data shows more than 60% of intended holiday spending will be done online. 「パンデミックはオンラインの利便性への中毒を加速させ、私たちはあるパターンに落ち着いたようです」とロジャーズは述べています。彼は続けて言いました、実際、Deloitteのデータによれば、ホリデーシーズンの計画支出の60%以上がオンラインで行われることを示しています。 --- Yet increased consumer spending doesn't necessarily equate to more seasonal jobs. しかし、消費者の支出の増加は必ずしも期間限定の仕事の増加と同等ではありません。 --- In the past few years at the start of the holiday shopping season, retailers offered huge incentives, including big signing bonuses and generous employee discounts, to lure seasonal workers. This year, however, the labour market for holiday hires is notably cooler. Walmart, the US's biggest employer, hasn't announced plans to hire an additional holiday workforce. Macy's said it plans to hire 38,000 new workers, down from 41,000 last year and a whopping 76,000 in 2021. Target announced it would hire 100,000, the same number hired in 2022. 過去数年間、ホリデーシーズンの始まりに、小売業者は期間限定の労働者を引き寄せるために、大きな入社ボーナスや慈悲深い従業員割引など、巨額のインセンティブを提供していました。しかし、今年はホリデーシーズンの雇用市場は顕著に冷えています。アメリカの最大の雇用主であるウォルマートは、追加のホリデーシーズンの従業員を採用する計画を発表していません。メイシーズは、昨年の41,000人から減少し、2021年の76,000人と比べて38,000人の新しい従業員を採用する予定だと述べています。ターゲットは、2022年に採用したのと同じくらいの100,000人を採用することを発表しました。 --- Other retail employers have been sluggish to announce hiring plans, says Challenger. In an analysis of Bureau of Labor Statistics data, Challenger predicted a total of 410,000 added seasonal positions, the lowest fourth-quarter hiring increase since 2008. チャレンジャー氏によれば、他の小売業者は雇用計画を発表するのに遅れているとのことです。労働統計局のデータを分析した結果、チャレンジャー氏は2008年以来最低の四半期の雇用増加となる合計41万の期間限定の仕事を予測しました。 --- But again, Challenger points to e-commerce and its supporting industries, including warehousing and transportation, as growth areas that are changing the landscape of temporary hiring. しかし、再び、チャレンジャーは、一時的な雇用の風景を変えている成長分野として、eコマースおよびその支援産業、倉庫および輸送を指摘しています。 --- "Traditionally, seasonal holiday jobs have been positions like cashiers, salespeople on the floor, or retail employees in physical locations," he says. "Now, more and more of the seasonal work comes in the form of jobs that support e-commerce. Back-office jobs, order fulfilment, warehouse jobs and the delivery jobs that bring those boxes to people's houses. There's a really, really high demand for those workers." 「伝統的に、期間限定のホリデーの仕事は、レジ担当、店内の販売員、または実店舗での小売業従業員のようなポジションでした」と彼は言います。「しかし、今では、期間限定の仕事の多くがeコマースをサポートする形で提供されています。バックオフィスの仕事、注文の処理、倉庫の仕事、そして人々の家に荷物を届ける配達の仕事です。これらの労働者に対する需要は非常に高いです。」 --- In fact, e-commerce is leading seasonal hiring by a wide margin. Amazon has been a notable exception among retailers, announcing they'd hire 250,000 seasonal positions in transportation and seasonal fulfilment. "It's the biggest seasonal hiring number we've ever recorded for any company," says Challenger, "and it's 100,000 more than last year." 実際、eコマースは期間限定の雇用において大きな差でリードしています。アマゾンは小売業者の中で注目すべき例外であり、彼らは輸送と季節の運営のために25万の期間限定の労働者を採用することを発表しました。「これは私たちが記録した中で最大の季節の雇用数で、昨年よりも10万人多い」とチャレンジャー氏は述べています。 --- So, while consumers look toward spending that's largely normal, if a bit pricier than last year, and retailers prepare for big numbers closer to the holidays, for the people who depend on seasonal jobs to add to their income or make ends meet, says Challenger, "there's still a lot of uncertainty coming into this holiday season". なので、消費者は大部分は昨年よりもやや高価ながら、基本的に通常の支出を見込んでいます。一方、小売業者は休暇期間に向けて大きな売上に備えています。しかし、所得を補ったり家計を支えるために期間限定の仕事に頼る人々にとって、チャレンジャー氏は「このホリデーシーズンにはまだ多くの不確実性がある」と述べています。 --- What is more certain is that holiday shopping will look relatively normal – in spite of tighter budgets or financial footings that feel less predictable. "We're seeing that consumers are still looking to spend,” says Rogers. "And what we've seen in times past is that parents make the holidays happen despite economic conditions." より確かなことは、予算がきつく、財政状況が予測しにくいと感じるにもかかわらず、ホリデーの買い物は比較的通常通りになるということです。「私たちは消費者がまだ支出をしようとしているのを見ています」とロジャーズ氏は述べています。「そして、過去に見てきたことは、親たちが経済状況にかかわらずホリデーシーズンを実現させているということです。」 --- 覚えておきたい単語 Holiday クリスマス Inflation  インフレ、 物価上昇 Discretionary  自由裁量の、個人の判断に委ねられる。 Fulfilment  注文処理と発送のプロセス。 E-commerce  電子商取引 Promotion  商品の宣伝や広告活動。 Incentive  インセンティブ、 行動を刺激する報酬。 Labour market  労働市場 chunk of ~の大部分
Like
17
0 comments
encourage first comment
Do you have something in mind? Let's post it out and share it with everyone!