自分が役に立つと感じることは、おそらく私が経験した最大の喜びだったと思います。

ーエレノア・ルーズベルト(1884 - 1962)
megapx
エレノア・ルーズベルトは、アメリカ合衆国第32代大統領フランクリン・ルーズベルトの妻、アメリカ国連代表、婦人運動家、文筆家。リベラル派として高名であった。あくまでもリベラル派なのであって、左翼運動や共産主義運動に対しては批判的であり、明確に一線を画していた。 アナ・エレノア・ルーズベルトは1884年10月11日、ニューヨーク37番街西56で、エリオット・ルーズベルト、アナ・エレノア・ホール夫妻の間に生まれる。エリオットは第26代大統領セオドア・ルーズベルトの弟であり、エレノアはセオドアの姪に当たる。父はハンサムだったが、アルコール中毒患者となった。母は美人であったが、冷酷であった。両親とも大富豪の名門で、金銭的にはとても恵まれていたが、家庭環境は理想とはかけ離れたものだった。 自己実現感というのは他人の役に立つときからこそ、得られるものではないでしょうか?
Like
17
0 comments
encourage first comment
Do you have something in mind? Let's post it out and share it with everyone!